Pythonメモ torinaブログ

このブログはDjangoとBootstrap4で作成されました
ソースコード

aタグで前の画面に戻る

プログラミング関連
約253日前 2016年7月20日4:04
「戻る」のようなリンクを押して前の画面に戻る際に、GETパラメータ等があった場合は少し面倒です。
その場合は以下のようにします。
<a href="javascript:void(0);" onclick="window.history.back();">戻る</a>


これが戻る処理です。汎用的に使えます。
onclick="window.history.back();"


これは何もしないという処理がしたい場合、よく使います。
href="javascript:void(0);"


voidは、以下のような例でも使います。
aタグで遷移させる前に確認をさせるケースです。
<a href="javascript:void(0);" onclick="var ok=confirm('削除してよろしいですか');
if (ok) location.href='index.html'; return false;">削除</a>


参考
https://colo-ri.jp/develop/2010/03/javascriptconfirm.html